Events

Read the English translation of this page. 英語はこちらのページをご覧下さい。

「女性活躍の先へ」~経営戦略としてのダイバーシティ&インクルージョン  Solutions Summit Featuring the Catalyst Award

カタリスト・ジャパン ソリューションズ サミット

去る2016年6月28日(火)、カタリスト・ジャパンは、日本で初となるビジネス・カンファレンス、「『女性活躍の先へ』~経営戦略としてのダイバーシティ&インクルージョンSolutions Summit Featuring the Catalyst Award」を開催し、全国から様々な企業の皆様にお集り頂きました。30にも及ぶ企業から定員を上回る150名以上の方々にご参加頂き、参加者や参加企業の皆様が自社で適用できる実践的なソリューション及びアクションが満載の充実した午後となりました。

冒頭に、本イベントをスポンサー頂いた日本マクドナルド株式会社、株式会社ボストン・コンサルティング・グループ、ブラウン・ブラザーズ・ハリマン・インベストメント・サービス株式会社、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社からそれぞれご挨拶を賜り、日本におけるカタリストの活動の重要性、さらに各社が行っているようにダイバーシティ&インクルージョンの活動をサポートする必要性についてお話頂きました。

ランチ・パネルにおいては、カタリストCEOデボラ・ギリスと日経女性面編集長佐藤珠希氏が、日本の企業が多様性を重視しインクルーシブな職場の実現を目指す上で直面する課題や機会について話し合いました。参加者が自身でソリューションを見出せるよう、日本の現状や グローバルなベスト・プラクティスから学べる点について議論がされ、女性活躍推進法の施行を受けて企業がどう対応しているか話し合われました 。ギリスはアンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)の壁への対応、柔軟な職場環境づくりのために経営者のコミットメントやスポンサーシップの重要だと強調しました。

カタリストリサーチ部門バイスプレジデント兼カタリスト・アワード評価委員会委員長のローラ・サバティーニがギャップの代表らによる活発なパネル・ディスカッションのモデレーターを勤めました。ギャップジャパン株式会社代表取締役エリン・ノーラン氏をはじめ他3名のパネリストが、カタリスト・アワード及び受賞対象となった Gap Inc. の 「女性と機会」の取り組みについて日本での経験を話し合い 、その取り組みがいかにギャップ全体、特にギャップジャパンを強めたか議論しました。

最後のセッションでは、三井住友銀行執行役員人事部研究所長の寄高由季子氏から、インクルーシブな職場がいかにビジネス全体及び社員全員に利益をもたらすかという事例の紹介がされました。インクルーシブ・リーダーシップを発揮することでいかにより強力なセールスチームおよびビジネスを作り出すか、ご自身のご経験をお話頂きました。

閉会の辞において、カタリスト・ジャパンバイス・プレジデントの塚原月子より、 「カタリストによる日本版リコグニション」の創設予定に伴い、カンファレンス参加企業及び日本国内の企業の皆様に日本で成功している事例やプログラムをご応募頂くようご案内させて頂きました。来年のカンファレンスでその表彰を行い、他社も学びを得られるような輝かしい事例として紹介させて頂く予定です。

セッション終了後は パネリストや参加者の皆様に自由にネットワーキングして頂く場として立食形式の懇親会を設け、カンファレンス終了といたしました。

本カンファレンスの結果は、7月25日付けの日本経済新聞(夕刊紙)に記事として取り上げられています。記事をご覧になるには、こちらをクリックしてください。(2016年7月25日日本経済新聞夕刊掲載 丸の内キャリア塾特集より転載。)

 

協力
ゴールドスポンサー
Nikkei Logo

Takeda Logo
シルバースポンサー
BCG Logo
BBH Logo
 
Johnson & Johnson logo
McDonald's Logo

 

 

 

お問い合せ
  • カタリスト・ジャパン バイスプレジデント/塚原月子 [email protected]

 

下記の画像をクリックすると、全会議のワークブックを見ることができます。

0 Reader Comments

Leave A Comment