News and Announcements

カタリスト、日本でのバイスプレジデントとアドバイザリー・ボードを発表 職場における女性の進出をさらに推進へ

塚原月子がカタリスト・ジャパンのバイスプレジデントに、ジェラルド・リマ(Gerald Lema)氏がカタリスト・ジャパン・アドバイザリー・ボードのチェアに、それぞれ就任。

東京 (2015年12月17日) - 職場における男女間のダイバーシティとインクルージョンについてのグ
ローバル・エキスパートであるカタリストは本日、塚原月子カタリスト・ジャパン・バイスプレジデント
就任、およびジェラルド・リマ(東京及びパロアルトに本拠を置くプライベート・インベストメント・グルー
プであるCylon Capitalのマネージング・パートナーおよび代表)がチェアを務める新設のカタリスト・
ジャパン・アドバイザリー・ボード
のメンバーを発表しました。

これにより、カタリストは今後さらに、各企業がより男女間のバランスが取れた状態を世界各地域の
文化に適した方法で
作り出していくために力を発揮できるようになることでしょう。

カタリストのプレジデント兼CEOであるデボラ・ギリス(Deborah Gillis)は次のように述べています:
「職場における女性の存在感を増大させようとする機運と法制上の要請が日本のみならず全世界で
高まるなか、そうした変化の促進をグローバルで取り組んでいるカタリストに、塚原月子、ジェラルド・
リマ氏、そして素晴らしいボード・メンバーを迎えられることを光栄に思います。我々のリサーチでは、
インクルージョンを進めることには、企業と経済を発展させるイノベーションを起こす潜在性があること
が示唆されています。日本が女性の能力をできる限り活用してインクルーシブな職場を増やすことに
コミットするなか、カタリストは、専門知識とツールをもって企業がそれを実現するお手伝いをしていき
たいと思います。」

塚原は、男女がともに、成功を収めキャリアを前進させていくうえで平等に機会を得られる職場環境
づくりを推進するため、東京を拠点として、会員企業や行政、アカデミック・コミュニティと密接に協力し
ながら、カタリスト・ジャパンの戦略的事業をリードして行くことになります。塚原は、ボストン・コンサル
ティング・グループ(BCG)での10年を超えるキャリアにおいて、日本企業や多国籍企業と共に組織・
文化の改革を実行してきた経験を、カタリスト・ジャパンで活かしてくれることでしょう。BCG以前は、
日本の国土交通省で大規模な国家プロジェクトを担当した経験も持っています。ダートマス・カレッジ、
エイモス・タック・スクール・オブ・ビジネスでMBAを、東京大学経済学部で経済学士を取得しており、
現在は幼い3児の母でもあります。

「男性優位といえる日本文化のもとで働く女性として、私自身、何ができるかを自ら証明する存在であ
り、日本の企業における女性の機会を拡大するというカタリストのミッションを担えることを光栄に思い
ます。カタリストの実用的でソリューション志向のツールやグローバル・ネットワーク、そして53年に及
ぶ経験は、それぞれの企業における全ての人材の活用を手助けするものであり、様々な組織と日本
の経済に恩恵をもたらします。」(塚原談) 

カタリストは、評価・診断の指標や、日本及びグローバルのデータとベスト・プラクティス、各種イベント
や講師派遣、ワークショップやコンサルティングなどのリソースを駆使して、考え方や行動、職場そし
て人生を変革することをサポートします。

リマ氏がチェアを務めるカタリスト・ジャパン・アドバイザリー・ボードは、日本でのカタリストの業務に
対してアドバイスと様々なサポートを行う立場です。長年にわたりカタリスト・ボード・オブ・ディレクター
のメンバーを務め、世界の5大陸において医薬・診断分野、ヘルスケア、そしてコンシューマー分野で
の25年以上の経験を有しています。現職以前は、Baxter Internationalのアジア・パシフィック担当社
長および日本担当会長を10年間務め、それに先立つ18年間はAbbott Laboratoriesにて、アジア・
パシフィック担当コーポレート・バイスプレジデント兼在京Abbott Japanの会長兼代表取締役を務め
ました。

「日本でも、様々な局面での女性の役割を高めるための幅広いサポートが存在していますが、女性
の参画をより高次元で影響力のあるものにするためには、まだまだできることがたくさんあるはずで
す。カタリストは、日本におけるあらゆる種類の組織において女性の役割を更に意義あるものへと高
めるために、リサーチや経験知、実践的なツールを提供していきます。」(リマ氏談)

リマ氏、塚原に加え、カタリスト・ジャパン・アドバイザリー・ボードは、以下のメンバーから構成されて
います。

  • 井上 ゆかり氏: 日本ケロッグ合同会社 代表職務執行者社長

  • 鹿島 かおる氏: 新日本有限責任監査法人 常務理事

  • キャシー・松井氏: ゴールドマン・サック証券株式会社 副会長、
                  グローバル・マクロ調査部 アジア部門統括、チーフ日本株ストラテジスト

  • デービッド・R・スミス氏: ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケアカンパニー 
                                      代表取締役プレジデント

  • ローラ・ヤンガー氏: 在日米国商工会議所 専務理事

  • デボラ・ギリス: カタリスト プレジデント兼CEO (カナディアン・ビジネス・マガジンによって、
                                      カナダで最もビジネスに影響力ある10人のうちの1人として挙げられました)

2014年に設立されて以来、カタリスト・ジャパンの会員企業数は、20から44へ約2倍になりました。
「私たちは、女性と経済の持続可能な変革というミッションのために、協働していきたいと思っていま
す。私達の新たな体制をもって、カタリストは、これまで日本で想像されてもこなかった変革を可能に
する力を手にしました。」 (デボラ・ギリス談)
 

カタリストについてより詳しく知りたい方は、こちらにアクセスしてください。

カタリスト・ジャパンの活動にご関心のある方は、こちらにアクセスしてください。

カタリスト・ジャパンについて

カタリスト・ジャパン(2014年設立)は、職場のダイバーシティとインクルージョンについての情報と解
決策を日本のビジネスコミュニティや行政の皆様と共有し、女性の力を活かした職場環境の変革をお
手伝いします。

カタリストについて

1962年に創立された Catalyst (カタリスト)は、女性のキャリア推進と企業のビジネスの発展をグロ
ーバルにリードする企業会員制の非営利団体です。米国・カナダ・ヨーロッパ・インド・オーストラリア・
日本に拠点を置いて活動し、800を超える会員企業を擁しています。カタリストのリサーチや情報、
働く女性のためのキャリア向上の助言は高い信頼を得ています。

報道関係の皆様へ

日本での窓口 :    ムーンライトウェイヴ株式会社 望月 奈津子 03 3440 1550

米国での窓口: カタリスト(ニューヨーク) コミュニケーション部門 シニア・ディレクター 
                           Ellen Parlapiano  +1 646 388 7778