Media Announcements

Catalystは日本での活動開始にあたり、 安倍首相に「Catalyst 表彰」を贈呈いたしました

女性のキャリア推進に関するCatalystのグローバルな専門知識は、ACCJ(在日米国商工会議所)、USJC(米日カウンシル)、ケネディ駐日米国大使からも高い評価を頂いています。

東京(2014527日)― Catalyst (カタリスト)は、日本の女性の社会参画とビジネスの進展に貢献するグローバルな専門知識を日本で共有すべく、このたびCatalyst Japanを創設いたしました。折しも、安倍首相は日本の経済成長の鍵として女性の力に注目されています。Catalystは5月27日に、USJC-ACCJウィメン・イン・ビジネス・サミッ(主催:USJC・ACCJ、東京都内のホテルにて開催)において、安倍首相が女性の社会での活躍を重要視されていることに敬意を表し、「Catalyst表彰」をCatalystのCEOのデボラ・ギリス(Deborah Gillis)より、贈呈しました。会場には、約700人の企業リーダーとキャロライン・ケネディ駐日米国大使をはじめとする高官が列席されました。

Catalyst 表彰(Catalyst Commendation)について: 

安倍首相が日本経済活性化のビジョンにおいて、女性が参画する事をとても重要視されている点に敬意を表して、この表彰が贈呈されます。Catalystは、安倍内閣の以下のような具体的な方策の真価を理解し、重要だと考えています。

  • 今後数年間で政府が補助をする質の高い託児所を増やし、子育てと仕事を両立できる女性が増える事。
  • 官民一体となって、男女共にワークライフバランスを実現する職場環境を作る事。
  • 社会のあらゆる分野において,2020年までに,リーダーシップを取る立場として女性が占める割合が,少なくとも30%程度にしていく計画を提案し、企業の経営陣に少なくとも一人の女性役員を任命し、経営陣のダイバーシティの状況を政府のウェブサイトに掲載するという活動。
  • 女性のリーダーシップ推進のプロジェクトを開始する企業に対しての政府の補助を行う事。

「日本は、女性の社会参画と経済成長の関係を真剣に考えています。Catalystは日本での活動開始に際して、この気運を大切にし、女性の労働人口の増加をめざす前向きな政策を支援いたします」とCatalystのプレジデント兼CEOのデボラ・ギリスは述べています。「Catalyst会員の多国籍企業から得たグローバルな情報を日本の皆様に共有し、また日本の優れた取り組みやイニシアチブを世界に紹介できることを光栄に思います。ご一緒に、まだ活かしきれていない日本女性の能力を引き出して社会参画を推進し、経済を変革してくことに貢献できますと幸いです。」

人口動態の変化――低い出生率、高齢化、労働年齢人口の縮小――は日本の労働力に重大な影響を与えており、2060年までに日本の人口は32.3%減少すると予測されています。一方で、多くの女性は仕事を続けたいと願いながらも、主に保育所の不足や長時間労働が求められる男性中心の企業文化が原因で、60%の女性が第1子出産後に退職しています。Catalystは日本企業のパートナーとして、働く女性が潜在能力を存分に発揮し収益向上に貢献できるような職場環境やプログラムの構築をお手伝いいたします。

女性の社会参画を世界中で支援し、アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、インド、オーストラリア、そして日本で700以上の企業会員を擁するCatalystは、職場での男女平等を実現し真の改革を起こすための深い知識とツールを提供いたします。

「労働力のダイバーシティを推進する日本政府と日本企業のリソースとしてお手伝いできることは、格別な喜びです」とCatalystのプレジデントのギリスは述べています。「私たちは共に変化への触媒(カタリスト)になることができます。その変化は女性と職場にとどまらず、家庭、地域社会、経済全体、ひいては日本の輝かしい未来に貢献できると信じています。」

Catalyst Japan について
Catalyst Japan(2014年創設)は、女性の力を活かした職場環境の変革のために、職場のダイバーシティについての情報とソリューションを日本のビジネスコミュニティや行政に提供いたします。

Catalystとは
1962年に創立されたCatalystは、女性の社会参画とビジネスの発展をグローバルにリードする企業会員制の非営利団体です。米国・カナダ・ヨーロッパ・インド・オーストラリア・日本で事業展開を繰り広げ、700を超える会員企業を擁し、働く女性のためのリサーチ・情報・コンサルティングのリソースとして高い信頼を得ています。http://www.catalyst.org/japan-japanese

メディア関係者 問い合わせ先

日本国内:
望月奈津子 (ムーンライトウェイヴ社)[email protected]

日本国外:
Susan Nierenberg: +1 646 388 7744; [email protected]
Ellen Parlapiano: +1 646 388 7778; [email protected]